ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
マニュアル目次

はじめに

第1章 ARMA とは

第2章 インストール
2.1 インストールの準備
2.2 インストール
2.3 ORCAの設定
2.4 データ DVD-R/CD-R の作成
2.5 Windows 下での ARMA
  のブート CD-R の作成

2.6 ブートUSBの作成
2.7 NVIDIA ドライバの設定
2.8 AMD(ATI) ドライバの設定
2.9 無線 LAN の設定

第3章 システムの設定
3.1 管理ツール
3.2 パッケージ管理
3.3 マウントとアンマウント
3.4 デバイスファイル
3.5 ブートローダ
3.6 TCP/IPネットワーク
3.7 基本的なネットワークの設定
3.8 ssh による暗号化通信
3.9 X Window System
3.10 時刻合わせの設定

第4章 アプリケーション
4.1 ログインと基本的なコマンド
4.2 シェル
4.3 テキスト処理ツール
4.4 テキストエディタ
4.5 WWWブラウザ
4.6 電子メール
4.7 ダウンロードコマンド
4.8 音楽系ツール
4.9 DVD-RW/CD-RW の
  パケットライティング

4.10 動画再生環境の構築
4.11 システム管理上のヒント

第5章 アップグレード
5.1 ARAM2.2/2.1 から ARMA3.0
  へのアップグレード

5.2 ARMA2.1(ORCA版) から
  ARMA3.0 へのアップグレード


第6章 プレインストール
6 プレイストールのセットアップ



※プリントされた本マニュアルは
通信販売よりご購入いただけます。
(印刷はモノクロとなります。また
HTML版・オンライン版と若干バージ
ョンが異なる場合がございます。)
 
4.9 DVD-RW/CD-RW のパケットライティング
 
 DVD-RW/CD-RW を使う場合はDVD-R/CD-R 同様に扱うこともできますが、パケットライティングと呼ばれる方法で読書き可能なファイルシステム(UDF)として扱うことができます。
 ただし現在の Linux 2.6.31.6 カーネルでは安定していない場合があるようですので本格運用の場合は動作を十分に確認の上おこなうようにしてください。
 
4.9.1 DVD-RWのフォーマット
 
 DVD-RW メディアをフォーマットする場合は下記のコマンドを実行します。
 
 
# dvd+rw-format -force /dev/sr0
 
 
 続いて下記を実行します。
 
 
# mkudffs /dev/pktcdvd/hoge
 
 
 なお、ドライブにセットされているメディアを確認する場合は下記のコマンドを実行します。
 
 
# dvd+rw-mediainfo /dev/sr0
 
 
 
 
4.9.2 CD-RWのフォーマット
 
 CD-RW メディアをフォーマットする場合は下記のコマンドを実行します。
 
 
# cdrwtool -d /dev/sr0 -q
 
 
 なお、ドライブにセットされているメディアを確認する場合は下記のコマンドを実行します。
 
 
# cdrwtool -d /dev/sr0 -i
 
 
 
 
4.9.3 メディアのマウント
 
 DVD-RW/CD-RW いずれの場合も下記の手順でメディアをマウントします。通常のマウントと異なり、pktsetup コマンドでデバイスのセットアップが必要になります。
 最初に専用のデバイスをセットアップします。
 
 
# pktsetup 0 /dev/sr0
 
 
 次にマウントポイントの準備をおこないます。
 
 
# mkdir /mnt/rw
 
 
 以下の行を /etc/fstab に書き加えます。
/dev/pktcdvd/0 /mnt/rw udf noauto,user,rwnoatime  0  0
 /dev/pktcdvd/の後にくるパス名は、pktsetup コマンドで与えたものと共通の名前を与えます。ここでは単純に「0」としています。
 マウントを実行します。
 
 
# mount /mnt/rw
 
 
 
 あとは通常のファイルシステム同様に機能することができます。

COPYRIGHT (C)2013, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp