ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
マニュアル目次

はじめに

第1章 ARMA とは

第2章 インストール
2.1 インストールの準備
2.2 インストール
2.3 ORCAの設定
2.4 データ DVD-R/CD-R の作成
2.5 Windows 下での ARMA
  のブート CD-R の作成

2.6 ブートUSBの作成
2.7 NVIDIA ドライバの設定
2.8 AMD(ATI) ドライバの設定
2.9 無線 LAN の設定

第3章 システムの設定
3.1 管理ツール
3.2 パッケージ管理
3.3 マウントとアンマウント
3.4 デバイスファイル
3.5 ブートローダ
3.6 TCP/IPネットワーク
3.7 基本的なネットワークの設定
3.8 ssh による暗号化通信
3.9 X Window System
3.10 時刻合わせの設定

第4章 アプリケーション
4.1 ログインと基本的なコマンド
4.2 シェル
4.3 テキスト処理ツール
4.4 テキストエディタ
4.5 WWWブラウザ
4.6 電子メール
4.7 ダウンロードコマンド
4.8 音楽系ツール
4.9 DVD-RW/CD-RW の
  パケットライティング

4.10 動画再生環境の構築
4.11 システム管理上のヒント

第5章 アップグレード
5.1 ARAM2.2/2.1 から ARMA3.0
  へのアップグレード

5.2 ARMA2.1(ORCA版) から
  ARMA3.0 へのアップグレード


第6章 プレインストール
6 プレイストールのセットアップ



※プリントされた本マニュアルは
通信販売よりご購入いただけます。
(印刷はモノクロとなります。また
HTML版・オンライン版と若干バージ
ョンが異なる場合がございます。)
 
5.2 ARMA2.1(ORCA版) から ARMA3.0 へのアップグレード手順について
 
 本章では ORCA Edition に特有のアップグレード時の注意点について説明します。
 
5.2.1 アップデートの初期準備
 
 
jma-reciept パッケージの更新
 
 ARMA2.1 の ORCA サーバの状態を ARMA2.1 での最新の状態にアップデートします。ogl-adimin から ORCA サーバを待機状態にした後、以下のコマンドでパッケージのアップデートをおこないます。
 
 
# apt-get update
# apt-get install jma-receipt-ogl
 
 
 パッケージのアップデート終了後、ogl-admin から ORCA サーバを稼働状態にし、日医標準レセプトソフトを起動して下さい。再起動後に以下の手順でマスタの更新をおこなって下さい。
 
[01 医事業務] → [92 マスタ更新]→ [F12 更新]
 
 
 
 
データベースのバックアップの作成
 
 データベースのダンプを作成しバックアップをおこないます。作成先のディレクトリは orca ユーザの書き込み権限が必要です。以下の例では /home/orca/backup.dump にダンプを作成しています。
 
 
# /usr/sbin/ogl/orcadump-ogl localhost 5432 /home/orca/backup.dump
 
 
 
 
 
5.2.2 システムのアップデート
 
 「ARMA2.2 から ARMA3.0 へのアップデートについて」の手順に従いシステムのアップデートをおこなってください。
 
 
5.2.3 設定のアップデート
 
 設定のアップデートをおこないます。
 
GUI
 
 ogl-admin を起動し 「ORCA 設定」から「サーバの状態設定」を選択します。設定ファイルの想定との違いに対して修正をおこなうかどうか尋ねられた場合は「全差分破棄」もしくは「はい」を選択してください。おおむね以下の質問が表示されます。
 
 
 
 
 
 
 「サーバの状態設定」では「待機」を選択してください。サーバの状態変更が完了しましたら ogl-admin を一旦終了してください。
 
 
 
 
CUI
 
 ogl-admin を起動し「ORCA 設定」を選択します。設定ファイルの想定との違いに対して修正をおこなうかどうか尋ねられた場合は「差分破棄」を選択してください。おおむね以下の質問が表示されます。
 
 
 
 
 設定変更が終了した場合は次の画面が表示されます。
 
 
 「サーバの状態設定」では「待機」を選択してください。サーバの状態変更が完了しましたら ogl-admin を一旦終了してください。
 
 
 
5.2.4 データベースのリストア
 
 ○
 
2台構成で運用している場合は 5432 の個所を 5434 に変更して入力してください。
  アップデートの初期準備で作成したデータベースのダンプからリストアをおこないます。
 
 
# /usr/sbin/ogl/orcadumpref-ogl localhost 5432 /home/orca/backup.dump
 
 
 日医標準レセプトソフトバージョン 4.3 のデータベースをバージョン 4.4 用に構造変更をおこないます。質問には y を入力します。
 
 
# /usr/lib/jma-receipt/bin/jma-receipt-db-setup.sh
version 4.4.0 データベース構造変更処理を行います。
よろしいですか? (y/n)
 
 
 処理が正常終了した場合は以下のメッセージが出力されます。
 
 
Very Good!
処理はすべて終了しました
 
 
 構造変更をおこなったデータベースの整合性を確認します。
 
 
# cd /home/orca/jma-receipt-dbscmchk
# ./jma-receipt-dbscmchk.sh
 
 
 以下のように出力された場合はデータベース構造変更が正常終了しています。そうでない場合は ARMA Net サポートまでお知らせください。
 
 
現在のスキーマバージョンは4.4.0 (pg8.3)です。
スキーマの整合性をチェックします。
......................................
......................................
......................................
--------------------------------------------------------
  データベースの整合性チェックは正常に終了しました。
--------------------------------------------------------
 
 
 
 
5.2.5 サーバの実行
 
 ogl-admin を起動し、ORCA サーバを起動します。「ORCA設定」→「サーバの状態設定」→「開始」を選択しください。以上で ORCA サーバのアップデートが完了です。
 ○
 
ここでは 2台構成で運用している場合でも 5432 のまま入力してください。

COPYRIGHT (C)2013, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp