ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
マニュアル目次

はじめに

第1章 ARMA とは

第2章 インストール
2.1 インストールの準備
2.2 インストール
2.3 ORCAの設定
2.4 データ DVD-R/CD-R の作成
2.5 Windows 下での ARMA
  のブート CD-R の作成

2.6 ブートUSBの作成
2.7 NVIDIA ドライバの設定
2.8 AMD(ATI) ドライバの設定
2.9 無線 LAN の設定

第3章 システムの設定
3.1 管理ツール
3.2 パッケージ管理
3.3 マウントとアンマウント
3.4 デバイスファイル
3.5 ブートローダ
3.6 TCP/IPネットワーク
3.7 基本的なネットワークの設定
3.8 ssh による暗号化通信
3.9 X Window System
3.10 時刻合わせの設定

第4章 アプリケーション
4.1 ログインと基本的なコマンド
4.2 シェル
4.3 テキスト処理ツール
4.4 テキストエディタ
4.5 WWWブラウザ
4.6 電子メール
4.7 ダウンロードコマンド
4.8 音楽系ツール
4.9 DVD-RW/CD-RW の
  パケットライティング

4.10 動画再生環境の構築
4.11 システム管理上のヒント

第5章 アップグレード
5.1 ARAM2.2/2.1 から ARMA3.0
  へのアップグレード

5.2 ARMA2.1(ORCA版) から
  ARMA3.0 へのアップグレード


第6章 プレインストール
6 プレイストールのセットアップ



※プリントされた本マニュアルは
通信販売よりご購入いただけます。
(印刷はモノクロとなります。また
HTML版・オンライン版と若干バージ
ョンが異なる場合がございます。)
 
2.7 NVIDIA ドライバの設定
 
 本章では NVIDIA のより高機能なドライバの設定について説明します。本章の内容は一旦インストールを完了した上で NVIDIA のハードウェアを使っている場合に検討してください。
 多くの NVIDIA のビデオデバイスは X Org に付属するオープンソースの nv ドライバを使用することができますが、NVIDIA Corporation が配布しているより高機能なドライバを使用することもできます。ARMA では設定の容易な専用の nvidia ドライバパッケージが用意されていますので、本章ではその設定方法を説明します。
 nvidia ドライバを使用する場合はカーネル側のドライバと X 側のドライバの双方が必要になります。また nvidia には複数のバージョンがあり、カーネル側 X 側双方のトライババージョンを合わせて使用する必要があります。
 バージョンは一般的にはより新しい方がサポート範囲が広くなりますが、旧版でのみサポートされる場合もありますので、ハードウェアに応じて選択していただく必要があります。バージョンの対応については下記のようになります。
 
バージョン
ドライバ名
カーネルバージョン
追加パッケージ
367.44(最新)
nvidia
3.10.103
nvidia-display
319.32
nvidia
3.10.101
nvidia-display319old
195.36.15
nvidia195old
2.6.34.1
nvidia-display195old
173
nvidia173
2.6.31.6
nvidia-display173
 
 以下では最新バージョンを使用した例を中心に説明します。古めのハードウェアを使用している場合や、X のログ(/var/log/Xorg.0.log)等により古いバージョンを試すようにエラーメッセージが出る場合はより古いドライバを試してみてください。
 
2.7.1 パッケージインストール
 
 以下のようにディスプレイドライバパッケージをインストールします。
 
 
# apt-get update
# apt-get install nvidia-display
 
 
 nvidia-display173 等古いドライバを使用している場合は、nvidia-xconfig nvidia-settings パッケージもインストールします。
 
 
2.7.2 カーネルドライバ設定
 
 最新バージョンを使用している場合は必要ありません。バージョン173を使用する場合は、
 
 
# rmmod nvidia
# modprobe nvidia173
 
 
 とし、また /etc/modules にも nvidia173 の一行を記述します。
 
 
2.7.3 初期設定
 
 管理ツールを実行し X Window 設定でドライバに nvidia を選択します。あるいは以下のコマンドによっても設定が生成されます。
 
 
# nvidia-xconfig
 
 
 
 
2.7.4 設定
 
 以下のように X Window を開始します。
 
 
# startx
 
 
 その後、端末エミュレータから nvidia-settings コマンドを実行します。
 
 
 ここで GUI で画面の詳細な設定をおこないます。nvidia-settings で xorg.conf を保存(save)することができますので保存すれば完了です。なお nvidia-settings は後で個人設定としておこなうことも可能です。
 
 
2.7.5 参考情報
 
 下記が nvidia ドライバの配布元となります。
 
「Unix Drivers」 NVIDIA Corporation
 ○
 
2016年9月現在

COPYRIGHT (C)2016, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp