ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
マニュアル目次

はじめに

第1章 ARMA とは

第2章 インストール
2.1 インストールの準備
2.2 インストール
2.3 ORCAの設定
2.4 データ DVD-R/CD-R の作成
2.5 Windows 下での ARMA
  のブート CD-R の作成

2.6 ブートUSBの作成
2.7 NVIDIA ドライバの設定
2.8 AMD(ATI) ドライバの設定
2.9 無線 LAN の設定

第3章 システムの設定
3.1 管理ツール
3.2 パッケージ管理
3.3 マウントとアンマウント
3.4 デバイスファイル
3.5 ブートローダ
3.6 TCP/IPネットワーク
3.7 基本的なネットワークの設定
3.8 ssh による暗号化通信
3.9 X Window System
3.10 時刻合わせの設定

第4章 アプリケーション
4.1 ログインと基本的なコマンド
4.2 シェル
4.3 テキスト処理ツール
4.4 テキストエディタ
4.5 WWWブラウザ
4.6 電子メール
4.7 ダウンロードコマンド
4.8 音楽系ツール
4.9 DVD-RW/CD-RW の
  パケットライティング

4.10 動画再生環境の構築
4.11 システム管理上のヒント

第5章 アップグレード
5.1 ARAM2.2/2.1 から ARMA3.0
  へのアップグレード

5.2 ARMA2.1(ORCA版) から
  ARMA3.0 へのアップグレード


第6章 プレインストール
6 プレイストールのセットアップ



※プリントされた本マニュアルは
通信販売よりご購入いただけます。
(印刷はモノクロとなります。また
HTML版・オンライン版と若干バージ
ョンが異なる場合がございます。)
 
3.10 時刻合わせの設定
 
 
3.10.1 時刻を正確に合わせる - NTP
 
 PC 互換機はマザーボード上にボタン電池で動く時計を持っており、電源を切っても時刻設定が消えないようになっています。しかし一般的にはマザーボードの時計の精度は高くありませんので、定期的に時刻合わせをする必要があります。特に NFS を使っている場合などマシンごとに時計が違っていると、ネットワークでファイルをやり取りする際にどれが新しいか分からず間違って上書きしてしまうなど問題が出る可能性がありますので、マシンの時計はなるべく正確に合わせておいた方がよいでしょう。
 ここではインターネットに接続されたコンピュータで一般的な NTP (Network Time Protocol) について説明します。NTP の仕組みは単純で、基本的に NTP サーバは時刻を知らせるだけ、NTP クライアントはそれに基づいて時刻を合わせるだけですが、通信時の遅延を計算に入れるなど、正確さのための工夫がされています。また、NTP サーバも自身がクライアントとして、より上位の NTP サーバとの間で時刻を合わせており、最上位の「ルート NTP サーバ」はたいてい原子時計などに直結しています。
 通常の範囲では管理ツール(ogl-admin)による時刻設定で cron による定期的な ntpdate 設定をすれば十分でしょう。下記ではコマンドレベルの ntp の使用方法について説明します。
 
ntpdate
 
 ARMA では NTP クライアントに ntpdate を採用しています。ntpdate の使い方は非常に簡単で、NTP サーバのホスト名を指定するだけです。
 
 
# ntpdate <ホスト>
 
 
 NTP サーバの所在ですが、2009 年 11 月現在では http://www2.nict.go.jp/w/w114/tsp/PubNtp/index.html で告知されている ntp.nict.jp が国内の公開 NTP サーバとして有名です。自分の所属するプロバイダや大学などが NTP サーバを提供している場合はそちらを利用した方がよい場合もあります。Google などの検索サービスも活用し、なるべくネットワーク的に近く安定して通信できるサーバを探してみてください。
 さて、正常に時刻を合わせられると以下のようなメッセージが表示されます。
 
 
# ntpdate ntp.nict.jp
8 Aug 08:08:08 ntpdate[8888]: step time server X.X.X.X offset +1.234567 sec
 
 
 この秒数が正ならば時刻を合わせるために時計を進めたことを、負ならば逆に遅らせたことを意味します。この例では、時計を 1.2 秒余り進めています。

COPYRIGHT (C)2013, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp