ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
マニュアル目次

はじめに

第1章 ARMA とは

第2章 インストール
2.1 インストールの準備
2.2 インストール
2.3 ORCAの設定
2.4 データ DVD-R/CD-R の作成
2.5 Windows 下での ARMA
  のブート CD-R の作成

2.6 ブートUSBの作成
2.7 NVIDIA ドライバの設定
2.8 AMD(ATI) ドライバの設定
2.9 無線 LAN の設定

第3章 システムの設定
3.1 管理ツール
3.2 パッケージ管理
3.3 マウントとアンマウント
3.4 デバイスファイル
3.5 ブートローダ
3.6 TCP/IPネットワーク
3.7 基本的なネットワークの設定
3.8 ssh による暗号化通信
3.9 X Window System
3.10 時刻合わせの設定

第4章 アプリケーション
4.1 ログインと基本的なコマンド
4.2 シェル
4.3 テキスト処理ツール
4.4 テキストエディタ
4.5 WWWブラウザ
4.6 電子メール
4.7 ダウンロードコマンド
4.8 音楽系ツール
4.9 DVD-RW/CD-RW の
  パケットライティング

4.10 動画再生環境の構築
4.11 システム管理上のヒント

第5章 アップグレード
5.1 ARAM2.2/2.1 から ARMA3.0
  へのアップグレード

5.2 ARMA2.1(ORCA版) から
  ARMA3.0 へのアップグレード


第6章 プレインストール
6 プレイストールのセットアップ



※プリントされた本マニュアルは
通信販売よりご購入いただけます。
(印刷はモノクロとなります。また
HTML版・オンライン版と若干バージ
ョンが異なる場合がございます。)
 
2.8 AMD Catalyst(TM) プロプラリエタリドライバの設定
 
 本章では AMD(ATI) 社製のより高機能なディスプレイドライバの設定について説明します。本章の内容は一旦インストールを完了した上で AMD のハードウェアを使っている場合に検討してください。
 多くの AMD のビデオデバイスは X Org に付属するオープンソースドライバ(radeon他)で使用できますが、アクセラレーションが不完全な場合などに AMD プロプラリエタリドライバが必要になる場合があります。ARMA では専用の fglrx ドライバパッケージが用意されていますので、プロプラリエタリドライバが必要な場合は本章を参考にインストールをおこなってください。以降ではこのドライバを fglrx と呼びます。
 fglrx ドライバを使用する場合はカーネル側のドライバと X 側のドライバの双方が必要になります。また fglrx には複数のバージョンがあり、カーネル側と X 側双方のトライバのバージョンを合わせて使用する必要があります。バージョンの対応については現在のところ下記の通りです。
 
バージョン
カーネルバージョン
追加パッケージ
12.104-1o1(最新)
3.9.6
fglrx-ogl
8.97.100.7-1o1
3.9.6
fglrx-legacy
 
 RadeonHD 4xxx/3xxx/2xxx 等を使いの場合は fglrx-legacy を使用してくたさい。また RadeonHD 7xxx/6xxx/5xxx 等をお使いの場合は、fglrx-ogl をインストールしてください。これらのドライバパッケージは同時にインストールすることはできませんのでいずれか一方を選択してください。
 
2.8.1 パッケージインストール
 
 fglrx-ogl を使用する場合は以下のようにディスプレイドライバパッケージをインストールしてください。
 
 
# apt-get update
# apt-get install fglrx-ogl
 
 
 fglrx-legacy を使用する場合は以下のようにディスプレイドライバパッケージをインストールしてください。
 
 
# apt-get update
# apt-get install fglrx-legacy
 
 
 
 
2.8.2 fglrx-ogl を使用する場合の設定
 
 管理ツールを実行し X Window 設定でドライバとして fglrx を選択してください。基本的な設定はこの点のみとなります。カーネル側には設定の必要はありません。X org 開始時に自動的にカーネルドライバがロードされます。
 
 
2.8.3 fglrx-legacy を使用する場合の設定
 
 対応するカーネルをインストールした上で、最初に /etc/modules に fglrx-legacy を追記します。そしてリブートをおこなってください。次に管理ツールを実行し X Window 設定でドライバとして fglrx を選択します。
 
 
2.8.4 参考情報
 
 fglrx-ogl パッケージインストール後は下記により詳細なドキュメントが配置されますので、より詳細な設定をおこないたい場合はこちらを参照してください。
 
「ATI Proprietary Linux Driver Documentation Project」
 
 
 また下記が AMD ドライバの配布元となります。
 
「Graphics Drivers & Software 」 AMD, Inc.
 ○
 
2013年7月現在

COPYRIGHT (C)2013, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp