ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 4.0

ARMA 3.0 マニュアル(ご参考用)

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

UPD-2016-2
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA3.0
パッケージ
jma-receipt-ogl
概要
平成28年度4月対応
 
 
 
2 詳細
 
 ORCA 4.8 へのアップデートをご案内いたします。本アップデートは診療報酬改定に必要となります。同時に 2016/03/30 パッチ提供第32回の状態まで更新されます。
 今回アップデートでは通常のパッケージアップデートに加えていくつかの作業が必要となります。以下の手順に従ってアップデートをおこなっていただけますようお願いいたします。ORCA 本体のバージョンアップとなりますので、お客様ご自身でアップデートをされる場合も ARMA Net サポートに作業をご依頼いただく場合も、十分な時間を見込んでくださいますようお願い致します。
 
 
3 対処方法
 
 
(1)
データベースのバックアップ
最初に ogl-admin から ORCA サーバを待機状態にした後、データベースのダンプを作成しバックアップをおこないます。作成先のディレクトリは orca ユーザの書き込み権限が必要です。以下は /home/orca/backup.dump にダンプを作成する例となります。
 
# /usr/sbin/ogl/orcadump-ogl localhost 5432 /home/orca/backup.dump
 
(2台構成で運用している場合は上記 5432 の個所は 5434 となります)
 
(2)
パッケージアップデート
パッケージアップデートをおこなってください。管理ツール(ogl-admin)からおこなうか、または以下のようにコマンドラインからおこなってください。
 
# apt-get update
# apt-get install jma-receipt-ogl
 
アップデート後の jma-receipt パッケージのバージョンは 1:4.8.0-u3jma1o201 に上がります。
 
(3)
環境設定ファイルの調整
必要がある場合は /etc/jma-receipt/jma-receipt.env ファイルの調整をおこなってください。アップデートによって /etc/jma-receipt/jma-receipt.env.dpkg-dist が生成されている場合は調整が必要になります。変数定義の内容がすべて含まれている場合はこのステップは必要ありません。
 
(4)
データベースのセットアップ
以下のコマンドを実行してください。
 
# jma-setup
 
正常に終了した場合はここで「Very Good!」と表示されます。
これに引き続き以下のコマンドを実行します。
 
# dpkg-reconfigure jma-receipt
 
ここで「glserver の SSLを有効にしますか?」と尋ねられたら no と入力します。この操作で ORCA 4.8 用のデータベースが最新状態までセットアップされます。
 
(5)
データベースの整合性の確認
構造変更をおこなったデータベースの整合性を確認します。以下の手順でおこなってください。
 
# cd /home/orca/jma-receipt-dbscmchk
# ./jma-receipt-dbscmchk.sh
 
以下のように出力された場合はデータベース構造変更が正常終了しています。
 
ORCA Project Jma-Receipt Database Schema Check (1.1)
== Operating System information ==
:
スキーマの整合性をチェックします。
                                                               
--------------------------------------------------------
  データベースの整合性チェックは正常に終了しました。    
--------------------------------------------------------
 
 
(6)
パスワードのインポート
以下のように新規内部パスワードテーブルに既存データをインポートします。
 
# /usr/sbin/ogl/import-orca-passwd.sh
 
 
(7)
サーバの実行とマスタ更新
完了後 ogl-adimin から ORCA サーバを稼働状態に戻します。次に jma-receipt を起動し、以下の順に選択しマスタの更新をおこなって下さい。
[01 医事業務] → [92 マスタ更新] → [F12 更新]
 
 
 更新の終了時に「マスタ更新」画面の以下のマスタについて「レコードver(自)」及び「レコードver(ORCA)」の値が以下であることをご確認下さい。
 
点数マスタ          :R-040800-1-20160315-1
 
システム管理マスタ      :R-040200-1-20160305-3
 
一般老人置換マスタ      :R-040200-1-20160309-2
 
統計メモマスタ:       :R-040800-1-20160305-1
 
包括診療コードマスタ     :R-040800-1-20160309-1
 
一般名マスタ         :R-040200-1-20160314-1
 
入院基本料マスタ       :R-040500-1-20160305-4
 
入院料加算チェックマスタ   :R-040500-1-20160305-6
 
選定療養費一般コード振替マスタ:R-040700-1-20160305-7
 
入院料置換マスタ       :R-040700-1-20160305-8
 
電子点数表マスタ       :R-040800-1-20160308-4
 
最低薬価マスタ        :R-040800-1-20160314-4
 
医薬品分類マスタ       :R-040800-1-20160306-5
 
向精神薬成分コードマスタ   :R-040800-1-20160306-1
 
 
 以上でアップデートは完了です。以上の操作がうまくいかない場合は、そのステップで作業を停止し、ARMA Net サポートまでご相談ください。
 また ORCA のリリースの詳細やマニュアルにつきましては以下の日本医師会サイトご参照くださいますようお願いいたします。ARMA 版 ORCA 4.8 は Ubuntu precise 4.8 版に準じています。
 
「外来版操作マニュアル ver 4.8.0(HTML)」 
 
「外来版操作マニュアル ver 4.8.0(PDF)」
 
「システムパッケージリリース情報 【Version 4.8.0】」

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp