ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

UPD-2011-17
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA3.0
パッケージ
jma-receipt-ogl
概要
本体アップデート・災害対応他
 
 
 
2 詳細
 
 jma-receipt-ogl パッケージを更新しました。今回のアップデートから jma-receipt のバージョンが 4.5.0 となります。インターフェースが GTK2 ベースに移行し、アップデート後の jma-receipt パッケージのバージョンは 4.5.0-u2jma11o101 に上がります。
 更新の詳細につきましては下記情報をご参照下さい。
 
パッチ提供(第30回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全3件:受付/その他
 
パッチ提供(第29回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全01件:その他
 
パッチ提供(第28回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全26件:受付/登録/患者照会/診療行為/入退院登録/明細書/月次統計/システム管理/帳票/その他
 
パッチ提供(第27回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全1件:その他 NEW
 
パッチ提供(第26回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全11件:病名/入退院登録/明細書/CLAIM/帳票/その他
 
スタ更新◆点数マスタ、システム管理マスタ
 
マスタ更新◆システム管理マスタ、統計メモマスタ
 
マスタ更新◆感染症判定マスタ
 
 
 
 
3 対処方法
 
 今回のアップデートは本体バージョンアップのため、手作業での手順がやや多くなります。以下をよくご参照の上、ひとつひとつ手順を実行してください。なお今回のバージョンアップではデータベースの構造の変更がおこわれますので、アップデート前に必ずデータベースのバックアップをおこなって下さい。またデュアル構成の場合はセカンダリサーバを先にアップデートしてください。
 まず ogl-admin から ORCA サーバを待機または停止状態にした後、以下の作業を順におこないます。シングル構成の場合とデュアルのプライマリサーバでは、最初にデータベースの構造のチェックをおこないます。チェックプログラムをダウンロード、ORCA ユーザで実行をおこないます。(このチェックはデュアルのセカンダリサーバでは行わないでください)
 PostgreSQL をアップデートしていない場合は最初に PostgreSQL をアップデートします。
 
 
# apt-get update
# apt-get install postgresql-8.3 postgresql-8.4
 
 
 次に下記の手順でデータベースのバージョン移行をおこないます。
 
 
# pg_dropcluster 8.4 main
# /etc/init.d/postgresql-8.3 start
# pg_upgradecluster 8.3 main
 
 
 管理ツール(ogl-admin)を実行し「ORCA 設定」を選択します。ここで arma-target-orca をインストールするかと尋ねられ警告メッセージが出ますが、**この段階ではインストールをおこなわないでください**
 またいくつかの設定ファイル(dbgroup.inc, postgresql.conf 等)に差分(更新)が報告されますが、特段理由のない場合は「差分破棄」を選択して更新します。
 メニューが開始されたらサーバの状態を一旦「停止」にします。その後、再度同じメニューを使用して「待機」に変更します。
 これで jma-receipt のインストール準備がととのいましたので、管理ツールを終了し jma-receipt のアップデートをおこないます。
 
 
# apt-get install arma-target-orca
 
 
 jma-receviwer-server のポートを尋ねられる場合はデフォルトのまま(改行を入力)とします。
 最後にデータベースの構造チェックをおこないます。
 
 
# cd /tmp
# wget http://www.omoikane.co.jp/orca_update/jma-receipt-dbscmchk.tgz
# tar xvzf jma-receipt-dbscmchk.tgz
# cd jma-receipt-dbscmchk
# sh jma-receipt-dbscmchk.sh
 
 
 データベース構造に不整合が発生している場合は警告メッセージとともに jma-receipt-dbscmchk ディレクトリ以下に下記の名前のログファイルが作成されます。この場合は ARMA Net サポートまでご相談下さい。
 
 
jma-receipt-dbscmchk.log
 
 
 問題がなければ管理ツール(ogl-admin)を実行し「ORCA 設定」サーバを開始状態にします。その後日医標準レセプトソフトを起動し、以下の手順でマスタのアップデートをおこなって下さい。
 
[01 医事業務] → [92 マスタ更新]
 
 
 マスタ更新後に「構造 ver(自)」及び「構造 ver(ORCA)」の表示が以下であることを
 確認して下さい。
 
S-040500-1-20110325-1
 
 
 また「マスタ更新」画面の以下のマスタについて「レコードver(自)」及び「レコードver(ORCA)」の値が以下であることをご確認下さい。
 
点数マスタ    :R-040200-1-20110331-1
 
感染症判定マスタ:R-040500-1-20110324-1
 
システム管理マスタ:R-040200-1-20110331-2
 
統計メモマスタ  :R-040300-1-20110303-2
 
 
 以下のコマンドを実行しマスタ更新のエラーを確認します。エラーがある場合は ERROR の文字列が出力されます。
 
 
# grep ERROR /var/log/jma-receipt/orca-db-install-4.5.0.log
 
 
 最後に以下のコマンドを orca ユーザで実行しデータベースの構造に不整合が発生していないことを再度確認してください。
 
 
# cd /tmp/jma-receipt-dbscmchk
# sh jma-receipt-dbscmchk.sh
 
 
 以上でアップデートは完了です。
 [参考]
 
「システムパッケージリリース情報」 社団法人日本医師会

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp