ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2012-10
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA3.0
パッケージ
flashplayer-plugin
概要
メモリ破損脆弱性他
危険度
2
 
 
 
2 詳細
 
 Web ブラウザプラグインの Flash Player のアップデートに対応しました。本アップデートによりサブピクセルセンダリング、TLS セキュアソケットサポートなどの新機能が追加されます。またメモリ破損の脆弱性への対応を含む、多数のセキュリティ修正が含まれます。
 アップデートの詳細については 以下の Adobe Systems のリリースノートを参照してください。
 
「Flash Player 11.1 ユーザーリリースノート」 Adobe Systems
 
「Flash Player 11 リリースノート」 Adobe Systems
 
「Flash Player 10.3 リリースノート」 Adobe Systems
 
「Flash Player 10.2 リリースノート」 Adobe Systems
 
「Flash Player 10.1 リリースノート」 Adobe Systems
 
 
 アップデート後の flashplayer-plugin のバージョンは 11.1.102.55-1o1 に上がります。
 
 
3 対処方法
 
 本アラートは管理ツールの「追加パッケージ」機能を使用して Flash Player をインストールしているユーザーを対象としたものです。flashplayer-plugin パッケージがインストールされていない場合はアップデートの必要はありません。
 アップデートをおこなう場合は、最初に管理ツールを最新版に更新します。
 
 
# apt-get update
# apt-get install ogl-tools
 
 
 その後管理ツール(ogl-admin)を実行し「追加パッケージのインストール」を選択し flashplayer-plugin をアップデートしてください。詳しくは以下のマニュアル「2.2.20 追加パッケージ」に従ってください。
 
2.2.20 追加パッケージ
 
 
 なお新しいバージョンのプラグインは、アップデート後に iceweasel(firefox) を再度立ち上げた時点で有効となります。

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp