ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2008-34
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.1,ARMA2.2
パッケージ
bind9-ogl
概要
サーバ攻撃の可能性
危険度
2
 
 
 
2 詳細
 
 インターネットネームサーバの bind9 に、DNSキャッシュ汚染攻撃(DNS cache-poisoning attack)を受ける可能性が指摘されています。今回の修正は UDP ポートをランダム化することで攻撃者の予測確度を低下させる変更になります。この問題の詳しい情報については以下を参照してください。
 
「CVE-2008-1447」- Common Vulnerabilities and Exposures
 
「BIND 9: cryptographically weak query ids.」 ISC, Inc.
 
 
 アップデート後の bind9 関連パッケージのバージョンは 9.2.4-1sarge2o201 に上がります。
 
 
3 対処方法
 
 bind9 をインストールしている場合、root になり以下のようにアップデートをおこなってください。bind9をインストールしていない場合は今回のアップデートは必要ありません。
 
 
# apt-get update
# apt-get install bind9 
 

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp