ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 4.0

ARMA 3.0 マニュアル(ご参考用)

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2006-25
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.1,ARMA2.2
パッケージ
openoffice.org
概要
外部から任意コード実行の可能性
危険度
2
 
 
 
2 詳細
 
 オフィススイートである OpenOffice.org に以下の複数の脆弱性が指摘されています。
 
ユーザの同意なしにドキュメント中の BASIC マクロが実行される場合があります。悪意をもって細工をされたドキュメントを読み込んだ場合に OpenOffice.org を実行しているユーザの権限で任意のコードを実行れさる可能性があります。
 
Java アプレットのサンドボックスが回避される可能性があります。悪意をもって細工をされたドキュメントを読み込んだ場合に OpenOffice.org を実行しているユーザの権限で任意のコードを実行れさる可能性があります。
 
悪意をもって細工をされた XML ドキュメントをロードした場合にバッファオーバーフローが発生します。OpenOffice.org を実行しているユーザの権限で任意のコードを実行れさる可能性があります。
 
 
 この問題についてより詳しい情報は以下の URL をご参照下さい。
 
「CVE-2006-2198」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
「CVE-2006-2199」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
「CVE-2006-3117」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
 
 アップデート後の openoffice.org の関連パッケージのバージョンは ARMA2.2では 1.0.3-2o401 に、ARMA2.1 では 1.0.1-2o401 になります。
 
 
3 対処方法
 
 root 権限で以下のコマンドを実行しパッケージのアップデートをおこなって下さい。
 
 
# apt-get update
# apt-get install openoffice.org openoffice.org-bin 
 
 
 パッケージのアップデート後に OpenOffice を起動し Java Applet を無効にする設定をおこないます。
 以下のメニューを選択しオプションダイアログを開きます。
  ツール→オプション
 ダイアログより以下の順で項目を選択します。
  セキュリティー → Java 「使用する」チェクを外す。

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp