ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2004-54
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.0,ARMA2.1,ARMA2.2
パッケージ
rsync
概要
想定外のファイルへの書き込みと公開
危険度
2
 
 
 
2 詳細
 
 rsync デーモンにパスのサニタイズが不十分な個所があることが報告されています。 chroot を利用しない設定で運用している場合に
 
外部から想定外のファイルに書き込まれる
 
外部に想定外のファイルを公開してしまう
 
 
 という危険性が指摘されています。ARMA のデフォルトでは rsync デーモンの起動は行っていませんが、rsync デーモンを利用する設定になっている場合はパッケージのアップデートを行って下さい。
 
[rsync-announce]security hole in non-chroot rsync daemon
 
 
 
 
3 対処方法
 
 ARMA 2.x では rsync の バージョン 2.6.2-3o1 で対処しています。root 権限で以下のコマンドを実行して下さい。
 
 
# apt-get update
# apt-get install rsync
 

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp