ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 4.0

ARMA 3.0 マニュアル(ご参考用)

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2004-19
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.0,ARMA2.1,ARMA2.2
パッケージ
squid
概要
アクセスコントロールの不具合、他
危険度
1
 
 
 
2 詳細
 
 Web キャッシングプロクシの squid の複数の問題が修正されています。開発陣(Team Squid)によると、問題は大きく以下の2点となります。squid を利用しているユーザー様はアップデートをご検討ください。
 
(1)
アクセスコントロールパターンマッチのバグ
squid のアクセスコントロール(acl)のうち url_regex タイプを用いた場合に、空白文字に正しく対応できないバグあり、これを悪用された場合にアクセスコントロールを回避することが可能となっていました。
 
(2)
Microsoft Internet Expolorer の不正な誘導への対応
これは squid 自身の問題ではなく Internet Expolorer の問題です。ある非表示文字を組み合わせた URL を用いると <userinfo>@<host>:<port> 形式の URL を隠蔽することが可能となっていることが知られています。
「Vulnerability Note VU#652278 - Microsoft Internet Explorer does not properly display URLs」US-CERT
新しい squid では squid 側でこの問題を回避するために urllogin なるアクセスコントロールタイプを導入されています。IE を使用しないサイトではこの問題による影響はありません。
 
 
 より詳しい情報については以下をご参照ください。
 
「CAN-2004-0189」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
「Squid Proxy Cache Security Update Advisory SQUID-2004:1」Team Squid
 
 
 アップデート後の squid のバージョンは 2.5.5-1o101 となります。
 
 
3 対処方法
 
 root になり以下のようにアップデートをおこなってください。
 
 
# apt-get update
# apt-get install squid
 

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp