ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2004-10
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.0,ARMA2.1,ARMA2.2
パッケージ
kernel-2.4.24
概要
ローカルユーザによるroot権限奪取
危険度
2
 
 
 
2 詳細
 
 すべての Linux カーネルにローカルユーザによる root 権限奪取につながるセキュリティ上の問題が指摘されています。これは mremap() システムコールのチェックの問題で、アナウンス済みの OSA-2004-1 勧告と同種ですが、新たな問題ですので注意してください。
 また同時に NetWare 用の ncpfs の問題と R128 Direct Render Infrastructure ドライバの問題を修正しています。いずれもローカルユーザによる root 権限奪取につながるセキュリティ上の問題の修正となります。
 この問題についてより詳しい情報は以下を参照してください。
 
「CAN-2004-0003」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
「CAN-2004-0010」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
「CAN-2004-0077」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
「Linux Kernel do_mremap VMA Limit Local Privilege Escalation PoC」
 
 
 アップデートの完了後の Linux カーネルパッケージのバージョンは 2.4.24-3 となります。
 
 
3 対処方法
 
 root になり以下のようにアップデートをおこなってください。
 
 
# apt-get update
# apt-get install kernel-2.4.24
 
 
 (SMP 版をお使いの場合は kernel-2.4.24-smp としてください)

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp