ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2004-1
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.0,ARMA2.1,ARMA2.2
パッケージ
kernel-2.4.22/2.4.24
概要
メモリ管理のバグ修正とドライバの追加
危険度
2
 
 
 
2 詳細
 
 本リリースはメモリ管理を含んだバグの修正と kernel-2.4.24 に関してはドライバ追加のアップデートとなります。今回のリリースで ARMA 用のカーネルとしては kernel-2.4.22 および kernel-2.4.24 が現行のバージョンとなります。2.4.22 を安定版、2.4.24 を実験版としますので、いずれかを選択してアップデートをおこない 2.4.21 以下のバージョンは使用しないようにしてください。
 バグの修正については1点目は mremap() システムコールの問題と、もう一点は RTC(real time clock) 関連のカーネル内のデータが漏洩してしまうという問題です。前者の問題を悪用された場合ローカルユーザーによって再起動が引き起こされます。この問題によって root 権限が奪取されてしまうかどうかは意見が割れており、初期報告者は特権奪取に至るとしていますが Linus Torvalds 氏のように否定的な開発者もいます。この2つの問題のより詳しい情報については以下を参照してください。
 
「CAN-2003-0984」- Common Vulnerabilities and Exposures
 
「CAN-2003-0985」- Common Vulnerabilities and Exposures
 
 
 また 2.4.24 についてのドライバの追加は以下の通りです。
 
pwc
Web カメラドライバです。Logicool Qcam Pro4000 での動作を確認しています。
 
prism54
実験的な無線 LAN の 802.11g ドライバです。prism 54 ドライバの詳細については http://www.prism54.org/ をご参照ください。
 
 
 アップデート後のバージョンは 2.4.22-3 または 2.4.24-1 となります。
 
 
3 対処方法
 
 お使いのカーネルに合わせて以下のようにインストールしてください。
 
 
# apt-get update
# apt-get install kernel-2.4.24 kernel-2.4.24-doc
 
 
 (SMP カーネルの場合は kernel-2.4.24-smp としてください)
 なお prism54 ドライバを実際に動作させるには、このほかに hotplug パッケージをインストールすることと、ファームウェアを http://www.prism54.org/ からダウンロードし /usr/lib/hotplug/firmware/isl3890 として配置しておく必要があります。
 hotplug は現在のホットプラグデーモンである murasaki と排他的であり、現在の ARMA では正式な対応ができませんので prism54 ドライバは参考的なものと考えて下さい。

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp