ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 4.0

ARMA 3.0 マニュアル(ご参考用)

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2003-62
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.0,ARMA2.1,ARMA2.2
パッケージ
kernel-2.4.21/22
概要
メモリ管理のバグ
危険度
2
 
 
 
2 詳細
 
 Linux 2.4 カーネルにセキュリティ上の問題が発見されました。
 この問題を悪用された場合、一般ユーザのアカウントでカーネル領域のメモリにアクセスが可能になり、ルート権限を奪取される可能性があります。
 先月 Debian プロジェクトのサーバへの不正な侵入が報じられましたが、アカウントの漏洩に加え、被害が拡大したのはこの問題が原因と考えられています。
 今回 ARMA のセキュリティアラートの分類に従い、危険度を2としておりますが、すでにクラッキングツールの存在が判明しているという点で通常の危険度2よりもやや危険であるとお考えください。
 この問題についてさらに詳しい情報については以下をご参照ください。
 
「CAN-2003-0961」- Common Vulnerabilities and Exposures
 
「[DSA-403-1] userland can access Linux kernel」- Debian security announce
 
 
 なお Debian プロジェクトのサーバ侵入事件によって、ARMA 製品や ARMA Net リポジトリに含まれるソフトウェアが間接的に改竄の被害を被った等の影響は一切ありません。ARMA Net リポジトリも通常通りご利用いただけます。
 アップデート後のバージョンは kernel-2.4.21-10 および kernel-2.4.22-2 となります。
 
 
3 対処方法
 
 root になりご利用のカーネルに応じて以下のようにアップデートをおこなってください。
 
 
# apt-get install kernel-2.4.21 kernel-2.4.22
 

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp