ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

OSA-2003-61
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.2,ARMA2.1,ARMA2.0
パッケージ
postgresql-ogl
概要
DB権限での任意のコード実行の可能性
危険度
2
 
 
 
2 詳細
 
 PostgreSQL にリモートからの任意のコード実行につながる可能性のあるバグが指摘されました。
 PostgreSQL には to_ascii() 関数がありますが、これはマルチバイトコードの変換や to_ascii_*() といったデータ型変換で使われています。この関数にバッファーオーバーフローが確認されたため、攻撃者によって悪用された場合に、任意のコードを DB 権限で実行されてしまう可能性がある、と指摘されています。
 この問題のより詳しい情報につきましては以下をご参照ください。
 
「CAN-2003-0901」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
「VULNERABILITIES - PostgreSQL To_Ascii() Buffer Overflow Vulnerability」 SecurityFocus, discussions
 
 
 この問題はサーバ版(Server/Desktop Edition)と ORCA 版(ORCA Edition)をご利用の場合のみ影響があります。
 アップデート後は postgresql-ogl 関連のパッケージは ARMA2.2 でバージョン 7.3.2r-3o101、ARMA2.1/2.0 では 7.2.2-2o101 となります。
 
 
3 対処方法
 
 root になり、以下のようにアップデートをおこなってください。(以下のコマンドラインの説明での apt-get 行は改行はせずに一行で入力してください)
 
サーバ版(Server/Desktop Edition) をご利用の場合
 
# apt-get update
# apt-get install odbc-postgresql postgresql-client 
    postgresql-contrib postgresql-dev postgresql
 
 
ORCA 版(ORCA Edition) をご利用の場合
ORCA を一端停止していただく必要があります。最初に管理ツール(ogl-admin)を使用します。ORCA のメニューで「サーバの状態変更」を選択し、停止状態にします。その後以下のコマンドラインでアップデートを行います。
 
# apt-get update
# apt-get install postgresql-client postgresql-contrib 
    postgresql
 
これが終了しましたら、管理ツールを用いて同様に「サーバの状態変更」で状態をもとに戻します。プライマリサーバ・シングル構成時は稼働、セカンダリサーバは待機が運用時の状態です。

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp