ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

 OSA-2003-35
 
 
 1 サマリ
 
 
 
 
対象システム
ARMA2.0,ARMA2.1
 
 
 
パッケージ
openssh
 
 
 
概要
ユーザー名漏洩の可能性
 
 
 
危険度
1
 
 
 
 
 2 詳細
 
 PAM サポートを有効にしたバージョン 3.6.1p1以前の openssh は、ユーザー名が存在する場合とそうでない場合で認証時のエラーメッセージを出力するタイミングが異ります。そのためメッセージ出力のタイミングを外部の攻撃者に観察された場合、存在するユーザー名を取得される可能性があります。
 詳細は以下の URL をご参照下さい。
 
 
「CAN-2003-0190」 Common Vulnerabilities and Exposures
 
 
 
 
 
 3 対処方法
 
 ARMA 2.x では openssh_3.6.1p2-2o1 でこの問題に対処しています。root 権限で以下のコマンドを実行し、パッケージのアップデートを行って下さい。
 
 
# apt-get update
# apt-get install ssh
 
 
 
 

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp