ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 4.0

ARMA 3.0 マニュアル(ご参考用)

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

FIX-2006-15
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA2.1
パッケージ
jma-receipt-ogl
概要
バグ修正、マスタ更新
 
 
 
2 詳細
 
 jma-receipt-ogl パッケージを更新しました。今回のリリースは不具合修正とマスタ更新に対応します。詳細は以下の URL をご参照ください。
 
マスタ更新◆点数マスタ 診療行為(145件) /医薬品(15件)/コメント(1件)更新データ提供
 
マスタ更新◆チェックマスタ 併算定チェック(31件削除)更新データ提供
 
パッチ提供(第1回)◆日医標準レセプトソフト ver 2.9.1 全5件:診療行為/明細書 http://www.orca.med.or.jp/receipt/outline/update/improve_rireki-174-2006-05-31.rhtml
 
 
 アップデート後の jma-receipt パッケージのバージョンは 2.9.1-1+0jma1o201 になります。
 
 
3 対処方法
 
 パッケージのアップデート終了後、ogl-admin から ORCA サーバを稼働状態にし、日医標準レセプトソフトを起動して下さい。
 マスタ更新は以下の手順でおこないます。
 
[01 医事業務] → [92 マスタ更新]
 
 
 今回のリリースより初診(同日複数診療科)を算定した場合であっても別の診療科では特定疾患療養管理料が算定可能となります。特定疾患療養管理料を追加する場合は以下の手順で患者を検索し、診療行為の修正をおこなって下さい。
 
[01 医事業務] → [13 照会]
 
 
 [病名 診療行為]タブを選択
 診療行為コード欄1, 2 に以下の値を入力し「検索」をリックします。
  111011810
  113001810
 該当する患者が検索された場合は「診療行為」より特定疾患療養管理料の修正をおこなって下さい。修正をおこなった患者については明細書、総括表の再作成が必要です。修正手順の詳細は以下をご参照ください。

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp