ARMA
           ARMA Net           製品とサポート           通信販売           会社概要           求人情報       
ARMA 3.0

ARMA 3.0 マニュアル

プレインストール PC

個人・小規模サイト
向けサポート
(パッケージ付属)


よくいただくお問い
合わせについて


対応ハードウェア情報

法人向け各種サービス

UPD-2012-64
 
 
1 サマリ
 
 
対象システム
ARMA3.0
パッケージ
kernel-3.5.6
概要
カーネル機能の改善
 
 
 
2 詳細
 
 ARMA の Linux カーネルをアップデートしました。ext4 のデータ整合性改善、TCP Early Retransmit(RFC5827)等の機能改善が含まれます。Linux 3.5 の改善点の詳細については下記を参照してください。
 
「Linux 3.5」
 
 
 今回のアップデートではカーネルが誤った Netlink メッセージを avahi 等のアプリケーションに渡してしまうバグ(CVE-2012-3520)の修正も含まれます。この他のカーネルの更新の詳細については下記の情報を参照してください。
 
「ChangeLog-3.5.6」 kernel.org
 
「ChangeLog-3.5.5」 kernel.org
 
「ChangeLog-3.5.4」 kernel.org
 
「ChangeLog-3.5.3」 kernel.org
 
「ChangeLog-3.5.2」 kernel.org
 
「ChangeLog-3.5.1」 kernel.org
 
「ChangeLog-3.4.7」 kernel.org
 
 
 アップデート後のカーネルのバージョンは 3.5.6 に上がります。
 
 
3 対処方法
 
 root になり下記のようにアップデートをおこなってください。
 
 
 
# apt-get update
# apt-get install kernel-3.5.6-smp
 
 
 シングル CPU カーネルをご利用の場合は kernel-3.5.6、SMP HighMem カーネルをご利用の場合は kernel-3.5.6-smphm としてください。
 ハードウェア固有の注意点は下記の通りです。
 
fglrx ディスプレイドライバをお使いの場合(AMD/ATIグラフィックス)
本リリースより fglrx ドライバは2つの系統に分離しました。RadeonHD 4xxx/3xxx/2xxx 等をお使いの場合は fglrx-legacy パッケージを、RadeonHD 7xxx/6xxx/5xxx 等をお使いの場合は fglrx-ogl パッケージをインストールして使用してください。
これらのパッケージは排他的です。fglrx-legacy のバージョンは 8.97.100.3-1o1、fglrx-ogl のバージョンは 8.982-1o1 となります。fglrx-ogl の設定は旧バージョンと同じですが、fglrx-legacy は /etc/modules へのドライバの記述が必要となります。ハードウェアにマッチしないドライバを使用するとビデオシステムが動作しませんので十分な注意の上設定をおこなってください。
 
 
 fglrx ディスプレイドライバについての詳しい説明は下記を参考にしてください。
 
「2.8 AMD Catalyst(TM) プロプラリエタリドライバの設定」
 
 
 
nvidia ディスプレイドライバをお使いの場合
ディスプレイドライバとして nvidia ドライバをご利用の場合、本カーネルにより NVIDIA ドライバが 304.51-1o1 に更新されますので、下記のように nvidia-display パッケージも合わせて更新してください。
 
# apt-get install nvidia-display
 
 
 
 追加の NVIDIA ディスプレイドライバについての詳しい説明は下記を参考にしてください。
 
「2.7 NVIDIA ドライバの設定」

COPYRIGHT (C)2018, オモイカネ株式会社 (Omoikane Inc.)
E-mail: info@omoikane.co.jp